幼稚園や学校、職場など人の集まる場所で

流行しやすい病気にインフルエンザがあります。
インフルエンザウイルスに感染することで起こる感染症です。
手洗いの後はワーウォ(WahW)で除菌を

スポンサードリンク

発症すると高熱、頭痛、倦怠感、体のふしぶしの痛み、

のどの痛み、鼻水、咳などの症状が起こります。
また風邪に症状は似ていますが

原因となるウイルスは別のもので、

インフルエンザにかかると重い症状を伴い、

まれに合併症を起こして危険な状態になる場合もありますから

気をつけなければなりません。
インフルエンザは咳による飛沫感染によって

空気中からほかの人へウイルスの感染を起こします。

 
また唾液や鼻水を介して手に付着したウイルスを

体内に取り込むことでも感染します。
インフルエンザの予防には

マスクをしたり手洗い・うがいを徹底する事が

非常に有効とされています。
外出から帰宅したら

まず手洗いとうがいを行う

習慣をつけたいものです。
また、手洗いをした後に

手指の消毒を行うと一層効果的です。
インフルエンザウイルスや

さまざまな菌を

しっかり除菌することが

病気の予防につながります。
また手指に使う除菌剤は

人体にやさしいものでなければ意味がありません。
そこで手指の消毒には

ワーウォ(WahW)という製品をおすすめします。
ワーウォ(WahW)は

ヒトの皮膚と同じPHの

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液で作られており、

漂白剤と同じ強力な殺菌効果を持ちますが

手肌にスプレーして使える除菌剤です。
濃度が50ppmのパウチ入り500mlサイズのものが

家庭では使いやすいと思います。
そのままスプレーするだけで簡単に除菌ができます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク