私たちが日ごろ口にしている食べ物の中には、

食中毒を引き起こすウィルスがいることがあります。

 
例えば、生の牛肉の中にはときに

食中毒ウィルスが含まれており、

そのまま食べることで

下痢や嘔吐といった症状がでることもあります。

食中毒予防に ワーウォ(WahW)

スポンサードリンク

 
こういった食材についたウィルスは

基本的にはよく加熱をすることで死滅しますが、

調理中にウィルスが食器などについてしまう可能性もあります。

 

 
そういった感染経路を経つためには、

こまめに、そして確実に消毒を行うことが大切です。

 
そのために、消毒液をキッチンに置いている人も多いのではないでしょうか。

 
ただ、どういった消毒液でも高い効果を持っているとは限りません。

 
厚生労働省が消毒効果を推奨しているのは、次亜塩素酸水です。

 
合同会社ワーウォ技術研究所では、

この微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液、

ワーウォ(WahW)を販売しています。

 

 
ワーウォ(WahW)は、

消毒効果が高い上に、

人肌とほぼ同じpH値となっていますので、

頻繁に使用しても肌荒れの心配が少ない商品です。

 

 
食中毒の怖いところは、

感染者から別の人へとさらに感染してしまうところです。

 
しかし、この ワーウォ(WahW)を使用して空間や手指の消毒を徹底しておけば、

飛沫感染を防ぐことができます。

 
キッチンで食事の支度を始める前に

ワーウォ(WahW)で手指の消毒、

そして食中毒を引き起こしやすい食材を扱ったあとも、

しっかり手を洗って消毒といったように、

食中毒の予防を徹底して、

安心して食事を楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク