人間が生きていくうえで水は必要不可欠です。

 
体の70パーセントは水分だからです。

 
しかし、砂漠国では水は貴重品です。

 
また、シンガポールのように国土が小さく大きな川がない国もあります。
ノロウイルスに対しては塩素系消毒剤である 次亜塩素酸ナトリウム による消毒が有効です。

スポンサードリンク

 
確かにそのような国では水は貴重です。

 
水が不足して起きる問題に手洗いが出来ないというのがあります。

 
アフリカのある国では手洗いをするのに十分な水がないため、

伝染病にかかりやすく、

大人になる前に亡くなってしまう子供がたくさんいるとのことです。

 
アルコール消毒を使えばいいのかもしれませんが、

高くて頻繁に買うのが難しいのが現実です。

 
確かに高い衛生基準を保つのに水が果たす役割は大きいと言えます。

 
それと引き換え、

日本は水が豊富で水道水さえ飲むことが出来ます。

 
石鹸も簡単に手に入ります。

 
消毒液さえコンビニでも買うことが出来ます。

 
日本は恵まれた国だと思います。

 
将来的には水が原因で

国際的な問題が起こるのではないかと言われています。

 
そんな日本ですが、衛生にはうるさいと思います。

 

 
次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒液はどこの家庭でもあると思います。

 
最近では通販で ワーウォ(WahW)という

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液が売られています。

 

 
これは消毒液を扱いやすくしたモノです。

 
幼稚園や老人ホームなど免疫力が弱い人たちのために活用できると思います。

 
消毒だけでなく消臭力もあるので

閉め切りがちになる冬場も活用できると思います。

 
水があるだけでもありがたいのに

そこまでする必要があるのかと思うかもしれませんが、

備えあれば憂えなしです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク