食中毒を食い止めるためには、

やはり除菌を心がけることが大切です。

 
サルモネラ菌という菌は、

肉やタマゴ類から人に感染する可能性があるようです。

毒性の低い水溶液

スポンサードリンク

 
家畜の食肉からサルモネラ菌をもらってしまうことのないためにも、

調理場の除菌には十分に気をつけたいものです。

 
気をつけていても、

どうにもならないような状況が生じてしまうこともあるでしょう。

 
食中毒対策と同じように、

インフルエンザの菌の対策というのも

誰もが一度は考えたことがある問題なのではないでしょうか。

 
インフルエンザの菌の対策にも、

サルモネラ菌の食中毒の対策にも、

両方に効果を発揮してくれる水溶液があるのを耳にしたことがおありでしょうか。

 
それは、微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液というものです。

 
ワーウォ(WahW)というのは

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液を薄めて販売されているウォーターなのです。

 
飲み水ではありませんが、

除菌や消臭に優れた効果を発揮してくれるウォーターです。

 
微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液と比較すると

ガルタールアルデヒドといった水溶液は毒性が強いと言えます。

 
毒性が強くなくて、

しかも除菌の効果はかなりのレベルだということで、

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液は

環境にやさしく、

人にもやさしく、

しかも効果が期待できるということで

注目しないわけにはいかないと言えるのではないでしょうか。

 
O-157の食中毒の菌の殺菌にも

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液は対応できるということです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク