毎日おいしいご飯が食べられるというのは幸せなことですが、

食材の中には食中毒を引き起こすウイルスを持っているものがあります。

 
例えば、

牛肉であればO157による食中毒がニュースでも大きく取り上げられました。
手指の消毒にワーウォ(WahW)

スポンサードリンク

 
また、

卵にはサルモネラ菌がいる場合もあります。

 

 
そして、

カキなどの場合にはノロウイルスがいることもあります。

 

 
特に

この

ノロウイルスは

二次感染の可能性も非常に高く、

近くで感染者が出た場合には、

その扱いに注意しなくてはなりません。

 

 
ノロウイルスに対しては

塩素系消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムが有効だと言われています。

 
次亜塩素酸ナトリウムは市販されており、

それを希釈して使用するのが一般的です。

 
ただ、消毒のために液を希釈して使うというのは、少し面倒な気もします。

 
濃度の確認なども必要ですので、手間がかかってしまいます。

 
その点、合同会社ワーウォ技術研究所の ワーウォ(WahW)なら、

そのまま使用できる状態の微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液となっていますので、

希釈する必要がありません。

 
500mlパウチ商品にはスプレーボトルがセットになっていますので、

パウチからボトルへ液を移しておけば、

いつでもそのまま使用することができます。

 
また ワーウォ(WahW)は弱酸性のため、

希釈せずにそのまま使用しても、肌への刺激が少なく安心です。

 
スプレーボトルに入れておけば、

空気中のウイルス対策としてお部屋に噴霧することも可能です。

 
色々な場面で、風邪や食中毒対策として、

ワーウォ(WahW)をぜひ使ってみてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク