SARSが中国の北京で流行った時、

地下鉄やバスなどの普段であれば人で混雑していた場所に

人影はほとんどありませんでした。

 
ある友達は

人がほとんどいなくて通勤が快適だったと言っていました。
弱い人を守る

スポンサードリンク

確かに致死率が高い病気が流行すると

誰しも心配するものです。

 
その中でやはり気をつけなくてはいけないのは

病院や

学校、

老人ホームなどの施設です。

 
共通しているのは免疫が弱いということです。

 
人は生まれた時は

母親からの免疫をもらいますが、

それは徐々に無くなっていき

自分の免疫をつけていきます。

 
ですから、小さな子供の免疫が弱いのは当然の事と言えます。

 
そのため、よく風邪を引いたり、病気になったりします。

 
年配者や病気の人も免疫が落ちています。

 
ですから、怖いのは

感染力が強いインフルエンザなどの病気が施設内で広がる事です。

 
日本の病院は

院内感染を予防するために

アルコール消毒が

病室の入り口に設置されていることがあります。

 
そのことはとても大事だと言えます。

 
最近では施設の除菌に

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液を用いた

ワーウォ(WahW)を使用している所が増えているようです。

 
強力な除菌と消臭力を発揮しながら

安全に使用することが出来ます。

 

 

原液の値段を見ると高い気がしますが、

希釈して使用するのでかなりの量があります。

 
確かに元気な人から見ると不必要に思えますが、

弱い立場の人を守るということは

道徳的に必要な事であると言えます。

 
普段からの気配りによって

多くの人の健康を促進することが出来るのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク