何気なく生活していると気づきませんが、

私たちのまわりにはたくさんの雑菌やウイルスがいます。

 
私たちの体の中にもいますし、空気中にも漂っています。

 
中にはいてもらわないと困るような菌もありますが、

残念ながら人間の体にとっては悪影響となってしまうものもあります。
ワーウォ(WahW)を使った感染対策

スポンサードリンク

 
ノロウイルスなどの食中毒を引き起こすウイルスや、

風邪やインフルエンザウイルスはその代表格だと言えるでしょう。

 
それでは、

これらのウイルスから自分や家族の体を守るためには、

何ができるでしょうか。

 
答えは、とにかくウイルスを体内に入れないようにすることです。

 
そこで、 ワーウォ(WahW)を使用した感染対策の方法をご紹介しましょう。

 
ワーウォ(WahW)は弱酸性で肌にやさしい消毒液です。

 
しかし ワーウォ(WahW)の成分である次亜塩素酸ナトリウムは非常に消毒効果が高く、

食中毒や風邪、インフルエンザウイルスなどの予防に適しています。

 
例えば、自分の近くで食中毒の感染者が出た場合、

感染者の便や吐瀉物にはウイルスが含まれています。

 

 
それを吸い込んだり触ったりすると、

その人も感染してしまう恐れがありますので、

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液である ワーウォ(WahW)を吹き付け、

ウイルスを不活化してから処理すると良いでしょう。

 
さらに、手にはウイルスが付着することが多いため、

手洗いのあとには ワーウォ(WahW)で手指消毒を行うと効果的です。

 
また、手で触った部分にはウイルスが付着しやすいため、

衣服や家具の取っ手、

トイレの便座やドアノブなどを、

ワーウォ(WahW)で

しっかり消毒しておくことも大切です。

 
家族や自分自身の健康を守るために、

ぜひ試してみてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク