毎年寒い季節になると流行するのがインフルエンザです。

 
集団感染が起こることも多く、

肺炎を引き起こすなど、

重症化すれば命が危険にさらされてしまうケースもあります。
インフルエンザ予防策は万全?

スポンサードリンク

 
一度流行すると急速に感染が広がることも一つの特徴で、

一人一人がしっかりと予防対策をして、

感染を広げないように努力しなくてはなりません。

 

 
例年、日本国内でインフルエンザに感染する人の数は約1000万人にもおよぶと言われており、

そのうちの約1万人がこのインフルエンザ感染に関連して死亡しているそうです。

 

 
特に、高齢者や

免疫力が低い人が

インフルエンザウィルスに感染した場合、

肺炎などを引き起こす可能性が高くなります。

 

 
小さな子どもがかかった場合には

脳症などの危険性もあるため、

自分自身はもちろん、

家族のためにも

しっかりと予防対策を考えておきましょう。

 

 
インフルエンザウィルスの感染を予防するためには、

まず予防接種を受けることです。

 
今年の冬に流行が予測される

インフルエンザのワクチンをあらかじめ摂取し、

感染の可能性を低めます。

 
ただし、摂取したワクチンが効かない

ウィルスに感染してしまう可能性もあります。

 
そのため、予防接種を行った人でも、

さらに予防を心がけなくてはなりません。

 
その方法として有効なのが、

まずは手洗いとうがい、

そしてマスクの着用などです。

 

 
うがいは非常に有効ですが、

手にウイルスが付着している場合、

うがいをすることでウィルスが口内へ侵入してしまいます。

 
そのため、

消毒効果の非常に高い

微酸性次亜塩素酸ナトリウム水溶液である、

ワーウォ(WahW)で

手指を消毒してから

うがいを行うと、

ウィルスの侵入を防ぐことができます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク